スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
さよなら中国
2008 / 07 / 08 ( Tue )
とうとう中国生活最後の日
でも引越しの荷物といっても、馬鹿高い国際引越し便など使えるはずも無いので、トランクで身の回りの物だけ。
ここの部屋には相方の両親が住んでくれる事になったので、色々もう混沌な状態のままですが、媽媽ごめんなさい!後はよろしく!!という感じです(汗)
持ちきれないものは、相方が仕事でこっちに来るたびに少しずつ持って帰ってもらう事に。

なんだかやりたかった事やり残した事が、たくさんある気がします。
だけど夏が終わっても、もうここには帰ってこないんだなぁ・・・
そう思うとちょっと涙ぐんでしまったりして・・・。私の心を映したかのように、外は涙雨。
・・・・・・・・・・・って、雨どころじゃなくて、すごい雷雨なんですけど!!!
明日の天気ってどうなんだろう?雷雨で飛行機が遅れたり、最悪飛ばなかったりしたらどうしよう~
中国に越して来る時も、成田で雷雨のため半日も飛行機が飛ばず待たされて酷い目にあったというのに、帰国する時もなんて勘弁だわ~!


2008・7・8マンゴー
街路樹にも実がたくさん生っています
なんの木かというと


2008・7・8マンゴー2
マンゴーなんですよ!
街路樹がマンゴーなんて、南国ちっくでちょっと良いでしょ?
これらの木は市の財産なので勝手に取っちゃダメ、という事になっているらしいのですが、長い棒を持ったマンゴー採りの人が普通にウロウロ。
一般市民もみんな夜になると採っちゃってるらしいです。
私も一度やってみたかったんだけどなぁ、マンゴー泥棒(笑)

楽しかった思い出を胸いっぱいに詰めて、ありがとう、そしてさようなら、中国!
来年の春にきっと遊びに来るからねー!!!
次の更新はお盆明けごろ、日本からです。
それまでみなさんごきげんよう!


もちろんあのカメバッグに入れて、政宗も一緒に帰国ですョ
にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
スポンサーサイト

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

00:25:35 | 我が街 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
牡丹のお寺
2008 / 05 / 27 ( Tue )
今日は午後からすごい雷雨。
立て続けにドーンドーンと鳴って、ちょっと怖いくらいだった。
ビーズの写真を撮ろうと思ってたけど、これじゃぁ暗くて撮れないや・・・。
という訳で去年の5月に行った、牡丹が有名なお寺、雪峰寺の写真でも。

2008・5・27雪峰寺
カテゴリーを我が街にしちゃったけど、実は我が街から車で2時間程の田舎にあるお寺です。
でもこの辺では有名なお寺らしく、相方の友人も、季節になるとここに牡丹を描きに来るそうです。



2008・5・27雪峰寺2
龍の彫刻の入った柱。大切にされているらしく、ガラスのケースに覆われていました。



2008・5・27雪峰寺3
山の斜面に沿って、何層にもお堂があります。



2008・5・27雪峰寺4
お堂の入り口にあった、香炉かな?程よく錆びて枯れた感じがいい雰囲気。
中国のお寺は、ピカピカギラギラなことも多いけど、ここはそうでもなくて良かった。
と、日本人的感覚(笑)。



2008・5・27雪峰寺5
先ほどの写真の左側を見ると、龍の乗った屋根が。かっこいい~!



2008・5・27雪峰寺6
この白い花は大手毬かな?入り口にも沢山咲いててきれいだった。
この写真、ブログ開設の日に使ったのとほぼ一緒なんですが、よーく見ると実はちょっと違うんです。
後ろの方にタイの寺院のような屋根の建物が写っているんです。
いや、ま、それだけなんですがね(^^;)屋根好きなもんで・・・



2008・5・27雪峰寺7
で、肝心の牡丹畑。
この日は雨が降っていて、後ろの山も霞んでいます。
これはこれで情緒があっていいような気も・・・。前向きにね!



2008・5・27雪峰寺8
えー、これを見れば分かるように、牡丹ほとんど咲いていませんでした(--;)。
お寺を出る時にお坊さんに聞いたら、見ごろは3月ですって・・・。
私達が行った1週間前に、省政府が日本企業会をこの寺に招待したって聞いたから、今が見ごろなんだろうと期待していったのに、なんなんだ~!?



2008・5・27雪峰寺9
ま、多少は咲いてましたよ。多少は・・・



2008・5・27雪峰寺10
有名なのや珍しいのには、花の横に品種名の書かれた看板が立っていましたが、そういうのは一個も咲いてなかった。残念~。



2008・5・27雪峰寺11
でもまだ蕾のもあったので、花によって咲く時差は結構あるのね。



2008・5・27雪峰寺12
牡丹といえば、八重のこんもりしたものしか思い浮かばないけど、こんな一重のもあるんですね?初めて見た!



こんな調子で、牡丹を堪能とまではいかなかったので、来年は絶対3月に行くぞ~!と思っていたのに、今年は2月から相方がずっと日本に行ってしまっていて、結局今年も牡丹は見られずじまい。
中国で花と言うと、私は梅と牡丹が思い浮かぶんですが、どうですかね?
でもこっちに来て、どっちの花もあんまし見たことないや・・・。
一番見たのはブーゲンビリアかなぁ。やっぱここは南国だし!?





そうそう、雪峰寺に入る前に、ちょうどお昼だったので門前に並ぶ食堂のうちの一軒に入りました。
その食堂の入り口。
見慣れない方にはちょっと衝撃的かと思いますので、小さめの画像で。
2008・5・27雪峰寺13
こちらではスーパーでもパックに入ったお肉なんて売っておらず、塊のままどーーーんと台に置かれています。
さすがに豚や牛はある程度の大きさの塊に切って(といっても小さいのでも1キロ以上の大きさはあります)、部位ごとに分けて置かれていますが、鳥なんかは丸ごとどさっと。
初めて見たときはちょっとショックでしたが、見慣れた今では細かく切ってある便利さに思いをはせたりしちゃいます。
鳥はモモとか手羽とか、分かれていものもあるにはあるのですが、何故かみんな冷凍もの。
外資系スーパーには胸肉も売っていますが、どれも皮はきれいさっぱり外されています。
皮をぱりっと焼く料理なんかは出来ないんですよ~。
こうして吊るされてたりすると残酷に見えますが、日本でも切ってパックに入って一般の人には裏の様子が見えないだけで、食肉用の冷凍庫に行けば同じ風景。
結局は食べるという点では同じなんですよね。
でも、目の前で〆られるのはやっぱちょっと勘弁かも・・・・(^^;)







インフルエンザに罹って以降、鼻の調子が悪いんです。もうかれこれ1ヶ月半以上。
なんか蓄膿症にかかってしまってる予感・・・・。
もちろん手術とかなったら日本でしますけど。薬である程度抑えられるものなんですかね?
とりあえずこっちで病院に行くか、悩み中です。
先日買った中国製のまっずいコーヒー。鼻が詰まってるから味も匂いもよく分からないし、平気だわ。ははは・・・・('A`)


続きを読む

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

21:29:35 | 我が街 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
榕城古街
2008 / 05 / 05 ( Mon )
久々に、我が街の事など。
私の住んでいるマンションから程近い場所にある繁華街。

2008・5.5古い町
古い町並みを残す「榕城古街」の正面門(こっちが正面なのかな?)。
榕はガジュマルの事で、この街には街路樹としてたくさんのガジュマルが植えられています。

2008・5.5古い町2
門からは小さなお店がずらっと立ち並んでいます。
洋服、アクセサリー、偽ブランドバッグ、ごちゃごちゃとしたお店をひやかしつつ歩くのも一興。

2008・5.5古い町3
通りの両側、ちょっと目を上に向けると古街の名の通り、古そうな中国情緒たっぷりの建物。(単にボロいとか言わない!)

2008・5.5古い町4
多分できたての頃はすごく派手で鮮やかだったんだろうなぁ。
壁にはそれぞれ違う絵が描いてあり、もうかすれてしまってよく見えないのもあるけど、何が描いてあるのか、テーマや意味が分かったらもっと楽しいだろうな。

2008・5.5古い町5
この端がキュッと上がった独特な屋根の形。なんか好きなんですよ~。屋根フェチ(笑)。

2008・5.5古い町6
丸みを帯びた角部屋。窓の桟の飾りも凝っててかわいい。この窓から日が差したらきっと綺麗だろうな。

2008・5.5古い町7
ガラスも所々無かったり、板で塞がれてたりするけど、人住んでるのかしら??

2008・5.5古い町8
上の門とは反対側の門からの眺め。
右手に見えるのはレストラン街。基本、テラス席(笑)。
ここの都市の名物の、魚のすり身のお団子に肉の餡が入った(ここが他とは違う特色だそうで。ウマイんですよ!)魚丸のスープや、一人用鍋など、色々とあります。
途中なぜかマクドナルドのアイススタンドもあったりして。食後のデザートとか言ってつい食べちゃう。

2008・5.5古い町11
古街の外側は新しい高層マンションがどんどん建設されています。
このコントラストが今の中国らしいといえば、らしいのかも。
古街の裏通りは靴や下着、生活用品やおもちゃ、もうなんでもアリの問屋街。いつも行ってるビーズ屋さんもその一角の地下街にあります。

2008・5.5古い町9
古街の裏門から道を挟んで、新しい店が並ぶ台江歩行街。
ちょっとかわいい雑貨屋や洋服屋、マクドナルドやケンタッキー、味千ラーメン(中国各地でチェーン展開してる日式ラーメン屋)なんかもあり、物も値段も古街よりちょっとお高め。綺麗だけど、もしここだけだとしたらなんか物足りない感じ。やっぱ古街があってこそだと思う。
新旧が渾然となった榕城古街エリア、この雑多で楽しい空間は壊されずにいつまでも残っていて欲しいな。

2008・5.5古い町10
さて、古街に来る時はマンションの裏の停留所からバスで一直線にさくっと来られるのですが、無計画な都市計画のせいか変な一方通行の多いこのエリア、帰りのバス停まではちょっと離れている上、大回り。
で、帰りはバイクタクシーを利用。一方通行をものともせず(ここの一方通行は自動車限定なのかな?)まっすぐマンションまで帰れて大変便利♪
いつもは幌の付いてるのしか乗ったことが無かったのですが、この日はあいにくそれが無く、初めて幌無しに!
さすがに普通の50CCバイクに2人乗りというバイクタクシーは怖くて無理だけど、この3輪バイクタクシーは結構乗り心地は悪くなかった。お客さんは2人までOKらしい。
マンションまで着いて、記念写真をパチリ。
こんな事されたのは初めてらしく、おじさんちょっと照れ気味(笑)。

なんだかんだ言いつつも、中国生活、結構楽しんでますd(^^*)


テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

23:03:32 | 我が街 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ぱんだこぱんだこぱんだ~♪
2008 / 03 / 04 ( Tue )
私が住んでいる街には大熊猫園があります。大熊猫、中国語でパンダのことです。
最近ねこLOVEなので、ついで(?)に大熊猫も。
ちなみに以前実家の父が、えっ!パンダって熊だったのか!?と言った事は内緒です。
・・・猫だと思ってたのか?父よ・・・・。(まさかね)

2008.3.4ぱんだ
入り口の少し手前でこの人がお出迎え。
しかしなにゆえ重量挙げ??


2008.3.4ぱんだ2
バズダブの中でお昼寝。かわゆい♥


2008.3.4ぱんだ3
このパンダの手前には堀と腰位の高さの囲いがあるのみ。小さい頃上野の動物園のパンダを見慣れた私には、この普通の熊の檻と変わらない扱いにちょっとびっくり。
ちょうどご飯の時間だったのか、飼育員のおねーさんが堀の手前にある場所にりんごなどを置いてくれたので、すぐ間近でお食事風景を見ることが出来ました。
当時上野動物園のパンダ館はすごい人気で、人ごみに押されるように立ち止まらず通らなければならず、それなのにパンダは奥で寝ててほとんど見えなかったりして。それと比べるとえらい違いだなぁ。
入園料が多少高いせいもあってかお客さんほとんどいないし。もう見放題!


2008.3.4ぱんだ4
哀愁の背中。
こう見ると黒い模様ってなんか服着てるみたい(笑)


2008.3.4ぱんだ5
笹の葉ってどう見てもおいしそうに見えないのですが、おいしいのかしら??
パンダに笹とりんご、どっちが好き?って聞いてみたい。



2008.3.4ぱんだ6
お土産屋さん(といっても激かわいくない縫いぐるみとか、絶対いらないような物が数点あるのみ)のカウンターの後ろにいる、パンダ楽団。
なんというか・・・どうしてもっとかわいく作らなかったかなぁ・・・


2008.3.4ぱんだ7
変な所ばっかリアルでマジ怖いよ・・・(((( ;゚д゚))))


この大熊猫園、パンダ自体は5~6頭いるのみ。たったこれだけ~って言ったら、相方に中国だってパンダは何頭いると思ってるんだ!と言われてしまいました。
確かに中国では国宝ですし、絶滅危惧種なんですよね。でもパンダ園なんて言われると、もっとうじゃうじゃいるように思いません?
でもまぁ、日本に比べてパンダをものすごく間近で見られて楽しい事は楽しいです。
ここでは他にも普通の熊のショーやレッサーパンダのショーなんかもやってるんですが、なんとパンダのショーもあるという噂なんです。本当なら見てみたい気もしますが・・・。

ところで、今(ってもう終わっちゃったのかな?)三鷹の盛ジブリ美術館で「ぱんだこぱんだ展」やってますよね~。見に行きたかったな。

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

20:03:46 | 我が街 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。