スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
良いお年を!
2007 / 12 / 31 ( Mon )
今年も今日でおしまい。
なんだかあっという間の一年でした。
来年もどうぞ宜しくお願い致します。
2007・12・31大晦日
それでは皆様、良いお年をー!
スポンサーサイト
04:25:33 | 徒然なるままに | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
アルハンブラの思い出
2007 / 12 / 27 ( Thu )
って曲あったよね?・・・思い出話の続きです。

イタリアのフィレンツェからベルギー経由でスペインのバルセロナへ。
この時使った飛行機はバージンとベルギー航空の共同運航便だったと思うんですが、ゲートまで来て、さて席番はとチケットを見てみると「FREE」。
電車じゃあるまいし、飛行機で自由席って初めて見た。そんなのあるんですねぇ。
で、バルセロナに到着後張り切ってグラナダへ向かおうとした所、電車での直行便が無い事が判明。それじゃぁ行けるとこまで行こうと電車を乗り継ぎ乗り継ぎ、結局2泊3日かけてグラナダへと到着したのでした。いやー、若いっていいネ!
そんなスペインの写真。
2007・12・27旅行2
グラナダ・アルハンブラ宮殿のライオンの中庭
ライオンが支える水盤から四方に水が流れ、優雅な空間です。でもここから先はハーレムだったそうで。
あ、そういや中国のサイトで大奥をダウンロードしてたんだっけ。見なくちゃ。・・・いや、ハーレムも大奥も女の園だし、大変そうな世界ですよね!


2007・12・27旅行
アルハンブラ宮殿のアベンセラヘスの間
下から見上げた星型の天井。何千本もの氷柱状の飾りが下がり、まるで鍾乳洞のよう。とても美しいけれど、息が詰まりそうなくらいに細密な装飾。


2007・12・27旅行3
コスタ・デル・ソルの多分ミハス、かな?記憶がすでにあやふや・・・。
北欧からの観光客が多いらしく、彼らは寒さい慣れているのか薄着。私達は厚手のコートを着てても寒~って思ってたのに、彼等の格好ときたら薄手のブラウスに夏用のスカート、素足にサンダル!
しかも町の中心の広場にはハイビスカスの花なんて咲いてて、彼らををバックにその風景を撮ったら、まさかこんなに寒いとは想像も出来ないだろうな・・・というくらい寒かった。
南スペイン。コスタ・デル・ソル、太陽の海岸。こんなフレーズに暖かいとばかり思ってた大誤算。


2007・12・27旅行4
バルセロナ サグラダ・ファミリア。
言わずと知れたアントニオ・ガウディ設計の教会。
完成は100年先とも200年先とも言われていて、生きている間に完成した姿は見られないのね・・・。


2007・12・27旅行5
サグラダ・ファミリア 生誕のファサード
以前テレビで、ここを建築している人の中に日本人の彫刻家がいるというのをやっていました。素晴らしいなぁ。この偉大なる建築物に同じ日本人の手が入っているなんて、ちょっとうれしい。


シンガポール(シンガポール航空の経由便だったんで)~ベルギー~ドイツ~ルーマニア~ギリシア~イタリア~スペインそしてまたベルギー~シンガポールと3ヶ月かけて巡った旅。
若さとパワーで乗り切った場面も多々あるけど、いつかまた同じコースを回ってみたいな。なんて、夢のまた夢、だよね~。
ところで、私達はなんでイギリスとフランスを避けて通ってしまったのかという謎。
本当になんで行かなかったんだー?!もったいない!
22:48:33 | 徒然なるままに | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
Merry Christmas
2007 / 12 / 24 ( Mon )
2007.12・25クリスマス

サンタクロースはやって来ましたか?
04:34:33 | 徒然なるままに | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
思い出話
2007 / 12 / 22 ( Sat )
むかーしむかし、友人とヨーロッパ放浪3ヶ月の旅をした時の写真を発見!
今よりデジカメが主流じゃなかった(と、思う)頃だし、フィルムカメラよか大きくてかさばって持ち歩くのが面倒だったので、ちょっとしかない上に画素数なんて36万画素というなんともしょぼい画像なんですが、記録用の思い出話っつーことでひとつ!

2007・12・22旅行
ローマ・バチカンのシスティーナ礼拝堂。
この頃のマイブームはルネサンス期イタリアのボルジア家。バチカン内にあるボルジアの間では500年前ここを彼らが実際に歩いたりしたのね~と妄想全開でうっとり・・・。や、歴史好きな人って皆そういうこと考えるよね?


2007・12・22旅行2
フィレンツェ・ドゥオーモ
このドゥオーモから歩いて数十メートル程という素晴らしい場所にアパートを借りる事が出来、3週間近く滞在しました。
その間イタリア人の一般家庭にお料理を習いに行ったり、友達になった日本人留学生のS君達と一緒に近隣の町に日帰り旅行したり、ちょっと遠出してベネチアやフェラーラに旅行をしたり。楽しかった~!
ところでこのドゥオーモ、礼拝堂のドームになった部分の上に登る事が出来るんですが、S君は彼のイタリア人友達のドゥオーモ職員に変な日本語を教え、その場にいた日本人観光客にそれを言わせたりして。
せっか美しい景色を見ていたのに、いきなり後ろから「ごめんくさい~これまたくさい~あ~くさい~♪」はちょっとなぁ・・・(笑)。


2007・12・22旅行4
フィレンツェ・ベッキオ橋
夕暮れ時、この辺をふらふら散歩してたら、どこからともなくゴット・ファーザーの曲が流れてくるではないですか。音のする方をよく見ると道端でサックスを吹く人の姿が。
人陰もまばらな夕闇に沈む石畳の上、少し物悲しいメロディーに暫し聞き入ったのもいい思い出です。


2007・12・22旅行3
ピサの斜塔
いわずと知れた有名観光地。日帰り旅行で行ってきました。もちろんお約束あのポーズでの写真も撮りましたとも!しかしホント、見事に傾いてるもんですな~。


2007・12・22旅行5
謎・・・。
どこを撮った写真かまるで見当がつかない。
日帰り旅行で行ったイタリアの町なのか、もしかしてルーマニアで撮った写真なのか。
それともドイツ?ベルギー?バルセロナ-グラナダ行き当たりばったり電車乗り継ぎ旅(これまた若さゆえの無謀移動)では無い気がするんだけど。いやー分からない!K龍さん、覚えてる?分かったら教えてー!

そんな訳なんですが、あとちょびっと写真が残ってるので、まだ思い出話続きます。
18:57:03 | 徒然なるままに | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
マーガレット
2007 / 12 / 20 ( Thu )
春に編んでいて、途中で暑くなった為中断していた編み物。
こっちの夏はハンパじゃなく暑いので、とてもじゃないけど毛糸を触る気分にはなれな上、殆どの毛糸屋さんは6月から10月の間は毛糸コーナーを縮小し、ゴザ屋さんに変身しちゃうんです。
しかしその縮小された毛糸コーナーを見ても、置いてる糸はなぜか夏物の毛糸という訳でなく普通に冬用の毛糸。麻とか綿の夏用の糸って見たことないのです。編み物=冬って感じなのかしら?
まぁそんなこんなで、ようやくエンジンがかかり続きを編んで完成したマーガレット。2007・12・20編み物
本当は夏用のニットの本にあったのを無理やりウール混の糸で編んだので、ちょっとアレなんですが、上記の通り夏用の糸って見かけないし・・・。(それ以前に腕が問題というのはそっとしておいて下さい。)
しかもこっちで売ってる糸には、太さや原料など書いてあるラベルが無い場合が多くて、初心者にとっては糸に対しての針の太さの目安がよく分からないー!
え?ゲージ?・・・それは、おいしい物??(オイ!)
そんなものぐさ者ですが、次はショールなぞ編んでみる予定。
23:57:03 | 手芸 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
バナナフィッシュにうってつけの日
2007 / 12 / 18 ( Tue )
月曜の昼下がり、のんびりゲームなどしていると、人が訪ねて来る予定もないのにドアチャイムの音。
突撃訪問は当たり前の中国。やって来たのは大きな袋をかついだ相方のおじさんでした。

2007・12・18バナナ
にっこり笑って渡された袋。比較に缶ビールなど置いてみました。でかー!
気の早いサンタかと思いましたよ!(ウソ)


で、プレゼントの中身はというと・・・。


2007・12・18バナナ2
バーナナでございます。
鴨用配合飼料40キロ袋(!)にいっぱい、全部バナナです。バナナバナナバナナ・・・!

ここから車で1時間程の場所に、相方の会社の工場があるんですが、そこの裏山で採れた野生のバナナだそうで。
工場に行くついでにちょくちょくおじさんが採ってきてくれるんです。
しかし今は12月。ここのところの日中の気温はだいたい12~16度くらい。東京なんかと比べればまだ暖かいですが、それなりに寒いし。
バナナってもっと高温で生るのかと思ってたけど、そうでもないのね?
まぁそれはいいとしても、この大量のバナナ、いったいどうしろと・・・。
一応すぐには食べきれない事を見越して、まだ青い状態で持ってきてくれてはいるんですが、そう毎日毎日大量摂取は無理だって!

今うちに遊びに来るとバナナ食べ放題です!
バナナの穴に入ったバナナフィッシュの気分が味わえるかもー。
(サリンジャー、学生時代に読んだけどイマイチよく分からなかった・・・)




16:00:47 | 徒然なるままに | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
クスクス
2007 / 12 / 08 ( Sat )
風邪をひきました・・・
木曜の事、仕事から帰ってくると、もう何も作りたくないくらいぐったりと体が重たい感じ。
そんな訳で、手早く簡単に。ワンプレートごはん。
2007・12.8ご飯
フライパンでお湯を沸騰させ、コンソメスープの元を溶かしクスクスを投入。
ひと煮立ちしたら火を止めて蓋をして7分ほど蒸し、バターとパルメザンチーズを入れてまぜまぜ。
あーらなんて簡単♪
トマトソースは実は前日のパスタ用に作った残り。
でもたまねぎとにんじんのみじん切りをたっぷり入れてあったので、まぁこれで野菜を取ったことにしようという魂胆。
鱈のフライは揚げるだけでOKの冷凍モノっていうのは内緒の方向で・・・。
本当はとり肉とかマトンとかが合うのだろうけど、それらを調理するような気力&体力はこれっぽっちも残っていなかったのでしたと言い訳しつつ、鱈のフライのクスクス添え。

しかし具合が悪いくせに何気に重たいですよね、これ。
案の定夜寝るときになってなんだか胃がムカムカ。
やっぱりせめてクスクスはサラダ仕立てにしておけばよかった~。なんて言っても後の祭り。
翌日は本格的に熱が出てしまい、ごはんを作るどころか寝込んじゃったよ。
そのうちとり肉のトマトソース煮込みのクスクスサラダ添えにしてリベンジ!の予定。
04:58:57 | 食べ物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。